アフィリエイトで稼ぐためのテーマを選ぶ基準

Blogを利用して、自分がお勧めする商品を紹介して、なおかつ、アフィリエイトにもつなげる。アフィリエイトを志す人が一度は通る道かと思います。

でも、具体的にどんな分野の商品を紹介すれば、成果につなげることができるのかわからないといった悩みも同時に抱きますよね。

この記事では、アフィリエイトで稼いでいる管理人の思う、「稼げる分野」についてご紹介したいと思います。

まず最初に、アフィリエイトって、本当に稼げるの?と聞かれると、「きちんとやれば、ちゃんと儲かります」というのが私の答えです。

ネームバリューのある大手のサイトでは、多くの人がアクセスしますから、そのアクセス数から、GoogleAdSenseで収益を上げているところも多いですし、商品の価格を比較して紹介しているサイトでも、アフィリエイトでの利益で運営を行っているところも多々あります。

でも、「個人のサイトが大手に太刀打ちできるわけないじゃないか」という意見もありますね。実際に、正攻法では太刀打ちするのは難しいと思います。(太刀打ちできる方法もあるとは思いますが、私はまだ見つけ出せていません。。)

そこで、「個人でも太刀打ちできる分野」というのが「稼げる分野」となってくるわけです。大手サイトと同じ分野で戦って勝っている方もいらっしゃるでしょうから、ここから後は、私の個人的な見解とさせていただきます。

私が参入するテーマを決めるときには、競合が多そうな分野は避けます。私の考える競合の多そうな分野とは、

・家電・・・Amazonや価格.comなど、相手が強すぎる

・健康食品・・・うまくやれば儲かる分野なので、競合が多すぎる

です。私は、本業がサラリーマンで、副業でアフィリエイトをやっているので、サイトのSEO対策にかけられる時間や、あるキーワードで検索順位を上げるのにかける時間が、本業でやっている方に比べて絶対的に少ないためです。

そのため、競合の少なそうなテーマで記事を書きつつ、それらをすこしずつ増やしていくことで、サイト全体のSEOパワーを増やしていく戦略をとっています。

競合の少なそうなテーマの具体的な基準は、GoogleAdWordsでの月間検索数が5000を切るようなワードの分野です。1000を切ると需要自体が少ないので、3000~5000を目安にしています。

そんなテーマをどこから探すかというと、私の場合は、大手サイトさんの「特集」記事を参考にさせていただいています。たとえば、「夏休み特集」とか、「おせち特集」など、大手のサイトさんで特集記事を組んでいますよね。

特集を組むということは、各主の通販サイトで、「カテゴリ」として確立されていないにも関わらず、需要が多いキーワードであるという目安になるからです。そういった特集記事を参考に、自分なりに「あまりない切り口」といったものを考えるようにしています。需要のあるキーワードを、別な切り口で紹介するという訓練を積むと、比較的高確率で、稼げるキーワードを見つけることができていますよ。

もし、上記の表現でわかりにくい場合は、コメントください。私の答えられる限り、私の考えを答えさせていただきます。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ