あのFridgeezooがパワーアップ 今度は方言とゲップ機能搭載!

冷蔵庫の中に入れておくと、扉を開くたびにおしゃべりをする「Fridgeezoo(フリッジーズー)」のシリーズ。好評につき、さらにパワーアップしています。

今回新たに搭載された機能は、

・訛り(方言)機能・・・岩手弁、京都弁、鹿児島弁、沖縄弁の4種類をしゃべります。

・デザインも新しく・・・今までは牛乳パックの形でしたが、今回は牛乳瓶の形。丸みを帯びたデザインとなり、トップにはコルク栓がついています。

・ゲップ機能・・・頭のコルク栓を押すと、ゲップしたり、くしゃみをしておしゃべりをやめます。

商品を紹介した動画でさっそくチェックしてください。

 

さて、気になる声のサンプルは、こんな感じです。

4種類の動物たちのキャラクターは以下の通り。それぞれ背景があるんですね。

・シロクマ(鹿児島弁タイプ)・・・・鹿児島の冷蔵庫に滞在経験あり。低い声が魅力の九州男児。鹿児島で見た赤い帽子の白熊の像に影響され赤い帽子をかぶっている。声の出演はカワバタトモキ(ナレーター、ミュージシャン) 。

・ペンギン(京都弁タイプ)・・・京都の冷蔵庫に滞在経験あり。若く元気なペンギン女子!?舞妓なみに顔は白いがどちらかというと舞妓よりもメイドに憧れている。声の出演は京都出身一般女性(舞妓ではありません) 。

・セイウチ(沖縄弁タイプ)・・・沖縄の冷蔵庫に滞在経験あり。以前はビールの好きな陽気なおじさんと暮らしていた。人生の甘みも苦みも知っている。 声の出演はおじさん(しまんちゅー)。

・ アザラシ(岩手弁タイプ)・・・岩手の冷蔵庫に滞在経験あり。寒い日も半袖短パンのような昔ながらのちびっ子アザラシ。小鼻なので鼻水はたらさない。声の出演はMariko(Che-a)(ミュージシャン)

 

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

One Response to “あのFridgeezooがパワーアップ 今度は方言とゲップ機能搭載!”

  1. […] なった新しいシリーズも出ています。こちらの記事をご参考に。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ