【今年の漢字】歴代の1位~3位一覧と2016年は?

年末になると毎年、「今年の漢字」が発表されます。これが発表されると、いよいよ年の瀬だなーと実感する方も多いのではないでしょうか。
漢字一字に様々な意味をこめ、1年を表現するのですから、漢字の文化っておもしろいですよね。

今年は12月12日の「漢字の日」に、例年通り京都の清水寺で、揮毫(きごう)により発表される予定です。
(ちなみに揮毫とは、テレビのニュースでもよく出てくるのでおなじみの風景ですが、「みんなの前で筆で書く」ことを言います。「揮」が「ふるう」、「毫」が「筆」という意味だそうです。)

京都の清水寺

 

2016年の「今年の漢字」を予想!

さて、発表を前に、管理人が個人的に今年の漢字を予想してみたいと思います!

今年の募集は11月1日から12月5日まで。

リオオリンピックやペンパイナップルアップルペンのピコ太郎さんが記憶に新しいところです。

 

ちなみに、先日発表された「2016ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた30語も同じく世相を現すものですから、それとも結構つながりはありそうですよね。

参考までにその30語は、、、

  • アスリートファースト
  • 新しい判断
  • 歩きスマホ
  • EU離脱
  • AI
  • おそ松さん
  • 神ってる
  • 君の名は。
  • くまモン頑張れ絵
  • ゲス不倫
  • 斎藤さんだぞ
  • ジカ熱
  • シン・ゴジラ
  • SMAP解散
  • 聖地巡礼
  • センテンススプリング
  • タカマツペア
  • 都民ファースト
  • トランプ現象
  • パナマ文書
  • びっくりぽん
  • 文春砲
  • PPAP
  • 保育園落ちた日本死ね
  • (僕の)アモーレ
  • ポケモンGO
  • マイナス金利
  • 民泊
  • 盛り土
  • レガシー

でした。

これらの言葉や、今年1年の出来事を振り返ってみると「予想もつかないようなこと、予想を裏切るようなことが次々と起きた」年だったような気がします。

1月は流行語大賞にもいくつかノミネートしている「ゲス不倫」が話題になりました。これ以外にも「センテンススプリング」による「文春砲」が大炸裂でしたよね。

SMAP解散」報道も、私たちが予想していた事態をはるかに超えていました。

芸能界ばかりではなく、政治的にも下馬評を覆すようなことが沢山ありましたよね。

まさかと思われた「EU離脱」。離脱派も残留派も拮抗しているとは報道されていましたが、なんだかんだいって残ると言われていたいただけに、離脱が決まったときのショックは相当なものでした。

為替がいままでに無いくらい振幅したのを覚えています。

また、豊洲新市場の地下空間に「盛り土」がされていなかったことも、誰が予想できたでしょうか。

さらに、最近では、アメリカ大統領選挙も予想外の結果に終わりました。

ヒラリー有利と報道され続けていたにもかかわらず、勝ったのはトランプ氏。これも、ほとんどの人が予想していなかったことだと思います。

 

では、私の「今年の漢字」の予想は。。。。?

ズバリ「」。

「不倫」に始まった1年でもあり、豊洲の盛り土問題など、「不安」や「不信」ともつながるからです。2010年にも3位で選出されていて、激動の印象のある1年には上位に食い込んでいる漢字でもあります。

また、今年は予想を裏切るような出来事は多かったものの、それらは、「嘘」や「偽」といったような
マイナスのみのイメージではなく、既存の概念が通用しないようなダイナミックな「変化」の年だった印象もあり、「変」も考えましたが、すでに2008年に選出されていることから、私の予想からは外しました。
もうひとつ頭に浮かんだ「驚」は、貫主さんが筆で書くには大変かな。。なんていう失礼な意見からとりやめとしました。

さて、あなたの1年はどんな漢字で表されそうですか?また、どんな漢字が選出されると思いますか?

ちなみに、私が参考にした「今年の漢字」の歴代の漢字(1位、2位、3位)は以下の通りです。

 

「今年の漢字」の歴代の漢字(1位、2位、3位)

2015年

1位・・・ (2位:爆、3位:戦)

安部政権やアベノミクスによる円安、安保法案の採択など、「安」という字にちなんだ出来事が多い一年でした。
また、中国人観光客による爆買いやパリでの自爆テロなど、「爆」、そして戦争について考えさせられた年でした。

 

2014年

1位・・・ (2位:熱、3位:嘘)

この年はなんといっても消費税が5%→8%とひしひしと上がったのが、私たち国民にとって大きな影響がありましたね。
エボラ出血「熱」、デング「熱」などが流行し、音楽家ゴーストライター、大手外食チェーンによる期限切れ食材使用の発覚など、「嘘」が多かった年でもありました。

 

2013年

1位・・・ (2位:楽、3位:倍)
2020年東京オリンピック開催が決定した年です。その開催に向けて、日本中に輪が広がったことも選ばれた理由だと思います。

 

2012年

1位・・・ (2位:輪、3位:島)

やはりオリンピックねた強し。ロンドンオリンピックの開催年です。過去、唯一2回1位になっている「金」という漢字。
日本選手が活躍したオリンピックの年は「金」や「輪」が入る傾向が強いですね。

 

2011年

1位・・・ (2位:災、3位:震)

東日本大震災の発生により、日本中が震災について考えさせられた年でした。それでも、「絆」という漢字が1位になったのは、
みんなの前向きな気持ちが反映されている気がします。

 

2010年

1位・・・ (2位:中、3位:不)

異常気象による猛暑や中国経済の飛躍などが印象的な年でした。それに伴い、天候、政治、景気などへの不安が増大した年でもあります。

 

2009年

1位・・・ (2位:薬、3位:政)
新「政」権、新型インフルエンザ(薬)など「新」しいものに対する希望や不安のあった年でした。

 

2008年

1位・・・ (2位:金、3位:落)
いろんな意味で変化が激しい年でした。「チェンジ」を掲げたオバマ大統領の当選だけでなく、原油や穀物などの高騰からサブプライムローンの影響による景気の後退で「金」融資産が暴落した年でしたね。
「金」という字はここでも2位にランクインしています。

 

2007年

1位・・・ (2位:食、3位:嘘)

食品偽装問題にゆれた一年でした。食品業界だけでなく、政界、スポーツ選手に至るまで、次々と「嘘」が発覚。

 

2006年

1位・・・ (2位:悠、3位:生)

天皇家に男子「悠仁さま」が誕生した一方、いじめ問題で自殺者が続出というニュースが何度も報道されました。
どちらも命にかかわる事柄でしたね。

 

2005年

1位・・・ (2位:改、3位:郵)

「郵政民営化」一本のために衆議院が解散し、総選挙が行われ、自民党が圧勝した年です。
小泉改革が行われ、「憲法改正」「皇室典範の改正」なども議論された年でした。そんな年でしたが、最後は「愛」!
愛・地球博の話題性と、前向きな愛とが重なった選出だったように思います。

 

2004年

1位・・・ (2位:韓、3位:震)

・地震、テロなど天災、人災が続いた年でした。その中で、2位の韓は、冬のソナタなど、韓流ブームが牽引したものです。

 

2003年

1位・・・ (2位:戦、3位:乱)

プロ野球「阪神タイガース」が18年ぶりにリーグ優勝し、話題をさらった一方、イラク戦争やテロとの戦いが激化した年でした。

 

2002年

1位・・・ (2位:北、3位:拉)

北朝鮮に拉致されていた方々が帰国したこともあり、それにまつわる漢字が1、2、3位を占めましたが、長引く不況で昔に戻ってしまったようだ。。という意見も。

 

2001年

1位・・・ (2位:狂、3位:乱)

アメリカの同時多発テロから始まった戦争により、世の中に戦いと狂気が充満したかのような一年でした。

 

2000年

1位・・・ (2位:乱、3位:新)

シドニーオリンピックで、高橋尚子、田村亮子など、女性が金メダルを多く獲得しました。

長寿姉妹のきんさんぎんさんの成田きんさんが亡くなった年でもあり、「金」にまつわる話題が目立った年です。

 

1999年

1位・・・ (2位:乱、3位:核)

やはりこれしかないでしょう。世紀末の「末」。
翌年への「末広がり」の期待も込められた漢字です。

 

1998年

1位・・・ (2位:不、3位:乱)

和歌山毒物カレー事件をはじめ、毒物混入事件が多発しました。それとともに、社会や環境への不安も高まった年です。

 

1997年

1位・・・ (2位:破、3位:金)

相次ぐ大企業の倒産や銀行の破綻で、金融システムが倒壊した年でした。特に山一證券が廃業したのは日本全体としても衝撃だったと思います。

 

1996年

1位・・・ (2位:菌、3位:汚)

O157による集団食中毒が多発し、「食」に対する安全について考えさせられた年でした。

狂牛病も発生し、ユッケが食べられなくなったのを覚えています。

 

1995年

1位・・・ (2位:乱、3位:災)

初の漢字選定の年でしたが、阪神・淡路大震災が発生し、地震などの天災に震えた年でした。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

こうして振り返ってみると、漢字というものが、1字で複数の意味を持って使われていることが分かります。

音読みと訓読みでも違った意味になったりしますものね。

さて、管理人の予想が当たったかどうかは。。。また、発表があった後に結果を更新しますね!

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ