アメリカ大統領を英語でみる オバマ氏vsトランプ氏の言葉

いよいよ2017年1月20日にアメリカの大統領の就任式が行われ、トランプ氏が第45代アメリカ大統領となります。

選挙選のころからトランプ氏の発言に対しては批判が多く、世界的にも物議を醸し出す事態となっていましたよね。発言の内容はともかく、その率直な言い方が逆に支持を集めたとの見方もあります。
実際、トランプ氏の使う言葉や英語に注目してみたいと思います。

オバマ氏とトランプ氏の英語対決

アメリカ大統領の発言は一言一句その真意が問われるため、かなり注目される“言葉”ですよね。考えや価値観がそのまま現れると言っても過言ではないと思います。だからトランプ氏は何か発言する度にやり玉に挙げられるし、国民や世界からの反発も大きい。しかもメディアを快く思っていないため“言論”を甘くみているふしがあります。それもトランプ氏の戦略なのでしょうか。。。?

トランプ氏の使う英語は分かりやすい?

就任前からTwitterで率直な意見をツイートしては、注目を浴びていました。
アメリカのカーネギーメロン大学の調査分析によれば、トランプ氏のスピーチで使われている英語は「小学6年生以下」のレベルなのだそう。

(トランプ氏のTwitter)

140字以内で何かを書くという制限があるため、簡単な言い回しになりやすいというのはTwitterの特徴ではありますけど。。それでも話し方や大統領選の“勝利宣言”のような少し長めのスピーチからの分析で「率直かつ短い文」というのがトランプ氏の英語の特徴らしいです。

>>> トランプ氏の大統領選「勝利宣言」を英語で読む

ネイティブの英語で小学生レベルのので、日本人にしてみれば高校までに習うくらいの英語レベルでしょうか。私達にとっては一概に低いとは言えませんが、一国の大統領がいくらわかりやすくと言っても、どうなんでしょうね。

>>> アメリカの小学生が学習する教科書を見てみる

日本人にとっては一般的な英語学習の目標に近いレベルです。

オバマ前大統領の言葉の力強さと英語表現

前任のオバマ氏の演説やスピーチの英語は勉強する側にとっては勉強になることが多かったです。内容もさることながら、言い回しが洗練されていました。こちらの評価は8年生以上の英語です。修飾語句が多く使われているのがその理由なんだとか。
※アメリカの8年生は日本の中学2年と同じくらい。

確かにオバマ前大統領の選挙演説や最終演説は内容はすばらしものでしたが、英語を“聞く”となると少し単語の理解が追いつけないくらいでした。

>>> オバマ前大統領の最終演説内容を聞く

>>> オバマ前大統領の最終演説内容を読む

オバマ氏は最後の記者会見でも丁寧にメディア対応を行い、言葉の力でアメリカ国民やトランプ氏を導いているように感じました。
そしてこれからも“発言し続ける”と約束しています。 今後ますますトランプ氏とオバマ氏の発言に目が離せないですね。

オバマ氏の英語を知るためのまとめ

これからもオバマ氏の言動をウォッチしていくためにいろいろ集めてみました。
皆さんも生きた英語の学習に活用してみてください。

(オバマ氏Twitter)

(オバマ氏Instagram)

オバマ氏Instagram

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

One Response to “アメリカ大統領を英語でみる オバマ氏vsトランプ氏の言葉”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ