アメリカ オバマ大統領の最後のスピーチを英語で学ぶ

現地時間の2017年1月10日、第44代アメリカ大統領のバラク・オバマ氏の最後の演説がアメリカ・シカゴで行われました。アメリカ大統領の言葉は常に世界の注目を引くものが多いことから、何を語るか私自身も注目していました。
およそ1時間にもおよぶその最後の演説は自身の実績をはさみつつ、次期大統領への“変化”を良識をもって受けとめよう、と国民に語りかけるものでした。

大統領選のころからオバマ氏の言葉には力があると言われていました。最後の演説もまた力強いものだったと思います。全体的に分かりやすい言葉でスピーチは行われています。やはり様々な人がいるアメリカならではといった感じです。
また若い人へむけてのメッセージでもあるので、理解しやすい言葉がつかわれているように思いました。やはり国民に語る言葉は誰もが理解する分かりやすいことが重要であり、心に響くものだと感じました。

以下は、私の印象に残った内容の抜粋(ホワイトハウスHPより)です。原文を聞くと英語やスピーチの練習にもなります。

第44代アメリカ大統領バラク・オバマ氏の大統領最後の演説

 

>>>  演説全文:アメリカ ホワイトハウスホームページ

オバマ大統領のスローガンが“Changeチェンジ”と“Yes!We can”でしたよね。これを意識しながら聞くとよりスピーチの内容が分かりやすいです。

○過去の業績とアメリカの“変化”の歴史を語りながら、

It’s the conviction that we are all created equal, endowed by our creator with certain unalienable rights, among them life, liberty, and the pursuit of happiness.
It’s the insistence that these rights, while self-evident, have never been self-executing; that We, the People, through the instrument of our democracy, can form a more perfect union. What a radical idea, the great gift that our Founders gave to us. The freedom to chase our individual dreams through our sweat, and toil, and imagination — and the imperative to strive together as well, to achieve a common good, a greater good.

○次の大統領に変わることについて、人種や差別への懸念を語って、

But laws alone won’t be enough. Hearts must change. It won’t change overnight. Social attitudes oftentimes take generations to change. But if our democracy is to work the way it should in this increasingly diverse nation, then each one of us need to try to heed the advice of a great character in American fiction, Atticus Finch, who said “You never really understand a person until you consider things from his point of view, until you climb into his skin and walk around in it.”

For blacks and other minority groups, that means tying our own very real struggles for justice to the challenges that a lot of people in this country face. Not only the refugee or the immigrant or the rural poor or the transgender American, but also the middle-aged white guy who from the outside may seem like he’s got all the advantages, but has seen his world upended by economic, and cultural, and technological change.

We have to pay attention and listen.

For white Americans, it means acknowledging that the effects of slavery and Jim Crow didn’t suddenly vanish in the ’60s; that when minority groups voice discontent, they’re not just engaging in reverse racism or practicing political correctness; when they wage peaceful protest, they’re not demanding special treatment, but the equal treatment that our founders promised.

○最後に今後のアメリカの国家のあり方に関して、

I am asking you to believe. Not in my ability to bring about change — but in yours.
(信じてください。変化をもたらす力は私ではなく、みなさんにあるのです。)

アメリカ国家の民主主義や平等とは何かを考えるきっかけにもなります。アメリカ国内や世界情勢に合わせてそれを自国民の目線までもってくるスピーチの内容はさすがです。
あなたも自分の印象に残る英語のスピーチ内容を理解してみませんか?あなたならどの言葉を選ぶ?

>>> 世界情勢も知りながら英語学習もできる「The Japan Times ST」

オバマ大統領が在任中に語った名言ベスト5

オバマ大統領は在任中の発言でも印象的な言葉を残しています。歴史上の人物でもその言葉が多くの人に影響を与え、人の心に残る物を“名言”を残しています。オバマ大統領の言葉が名言として載っていました。(BrainyQuoteサイトより)

Change will not come if we wait for some other person or some other time. We are the ones we’ve been waiting for. We are the change that we seek.
If you’re walking down the right path and you’re willing to keep walking, eventually you’ll make progress. 
Money is not the only answer, but it makes a difference. 
My fellow Americans, we are and always will be a nation of immigrants. We were strangers once, too
We need to internalize this idea of excellence. Not many folks spend a lot of time trying to be excellent.

名言はシンプルな言葉で言われたものが多いです。名言を英語で知るのも楽しいですよ。他にもたくさんの名言があるのでぜひ“お気に入りの名言”を見つけてみてください。

>>> オバマ大統領の他の名言を見てみる

>>> 偉人の名言を見てみる

オバマ大統領は8年前の選挙戦のころから数々の名言を残しています。ノーベル平和賞を受賞し、2016年8月には現役大統領ではじめて広島を訪問し、ここでもスピーチを残しています。
言葉は聞く側、受け取る側で大きく解釈が違ってきます。他人が訳した日本語ではなく自分の感じる日本語を英語から読み取れたら違った世界が見えます。

>>> 世界情勢も知りながら英語学習もできる「The Japan Times ST」

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ