アルガンオイルは使い方で効果を最大限発揮する

 

美容オイルは通常お手入れの最後に使用するものですが、オルガンオイルは他の美容オイルとは違い、洗顔後の一番最初に使用します。「あれ?化粧水じゃないの?」と思ったかもしれませんが、これがアルガンオイルの最大の特徴でもあり、美容オイルとしての優秀なところです。

アルガンオイルの効果的な使い方

アルガンオイルはいろいろな美容製品に利用されています。その目的は“保湿”ですが、実はアルガンオイル100%は保湿はもちろん“ブースター”としての役割もしてくれます。

 >>> 人気のメルヴィータ・アルガンオイル100%を見る

img_576f59cd3ed37

肌は水分(化粧水)だけでは十分ではなく、それを肌の中に保つ(保湿)ためには脂質が必要となります。普通は保湿はオイル(脂質)でカバーすることで水分の蒸発を防ぐ=保湿と考えがちですが、これだけでは保湿には不十分です。

肌の水分を保つところは『角層』と呼ばれる場所で、この角層は角層細胞細胞間脂質とがあり水分を保有する角層細胞の周りを細胞間脂質が囲むように層になり肌の保湿が保たれています。この細胞間脂質が角層細胞の水分とうまくなじむことで角層の壁が保たれ(保湿)ますが、このバランスが崩れた状態が“乾燥”となり角層の壁が崩れた状態です。

このバランスを保つためには水分だけではなく細胞間脂質が必要になります。この主成分はセラミドですが、このセラミドは水と油どちらにもなじむ性質をもっていて水分の角層細胞と細胞脂質のすき間を埋めるのがアルガンオイルです。アルガンオイル人の肌になじみやすい成分があり、さらにはビタミンEが皮膚表面を柔らかくするため肌へ浸透がよいことがブースターとして利用できる理由です。

 >>> アルガンオイルの効能を知る

また、アルガンオイルを使用することで内部の角層のバランスを保ち保湿のバリア機能が正常になると同時に表面の皮脂の役割も果たすため2重のバリア機能が期待できます。
このことからアルガンオイルを最初に使用し、プラス化粧水で本来の肌ケアの基本は十分といえます。さらに極度の乾燥が気になる方はセラミド配合の美容液を最後に加えればより有効です。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ