メルヴィータのアルガンオイルが1本で多効能のワケとは?

 

もうすぐ本格的な夏が到来!女性にとっては紫外線や肌のお手入れがきになる季節です。そうかと思えば冷房で体が冷えたりと、とにかく体にも肌にも過酷な環境ですよね。
夏こそ簡単にボディケアをしたいけどそこを怠ると後が怖い。でも、できるんです!

私がおすすめしたいのはフランス発の「Melvitaメルヴィータのアルガンオイル」です。このアルガンオイルは“エコサート”“ビオコスメ”の認証を受けている人にも環境にもやさしいものです。

>>> アルガンオイルの品質について詳しく知る

このアルガンオイル1本をお肌ケアに加えるだけで何役ものはたらきをしてくれます。

アルガンオイルの効能が多いわけ

アルガンオイルが優れている理由はその成分にあります。いろいろな美容オイルに含まれる成分がバランスよく入っているのがアルガンオイルです。アルガンオイルで注目される成分は、

  • トコフェノール(ビタミンE) 51.4mg/100g
  • オレイン酸 42.8%
  • リノール酸 36.8%
  • パルミチン酸 12.0%

スクリーンショット_072117_013231_PM

オレイン酸はオリーブオイルの主成分で、人の肌の40%に含まれているといわれその意味でも人の肌になじみやすい成分です。そのため肌を薄いベールで覆ってくれて保湿効果が期待できます。ほとんどの化粧品につかわれている成分です。

リノール酸は別名「オメガ6脂肪酸」としても知られています。このリノール酸は体内で生成されないけど、人の成長に欠かせないことから「必須脂肪酸」といわれています。身体へは取りすぎが問題になりますが、肌への効果は保湿、抗炎症作用、美白作用があることが知られています。肌への浸透が高いためバリア機能に優れ、肌の水分の蒸発を防いでくれます。
またリノール酸に含まれる「リノール酸S」は2001年に厚生労働省から有効美白成分として承認されています。

パルミチン酸はビタミンAの一種で肌に作用する効能としてはシワを抑える、ニキビを減らすなどの効果が期待できます。パルミチン酸は肌のターンオーバーに必要なビタミンAをより肌になじみやすく安定化させ、肌のハリを保つコラーゲンとの親和性も高いためにシワの防止に効果があります。
また皮脂をコントロールするはたらきもあるため、オイリー肌やニキビに効果が期待できます。このことから美容オイルには必ず配合されている成分です。

他の化粧品にも必ず配合されている成分や肌を健康に保つのに必要な成分がバランスよく入っているアルガンオイルはこれだけで肌への効果が大きく期待できるということですね。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

One Response to “メルヴィータのアルガンオイルが1本で多効能のワケとは?”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ