ビタミンEが多いアルガンオイルはアンチエイジングの強い味方

 

最近何かとオイルが注目されていますが、こんなにも多くのオイルがあってしかも効能の特徴が違うものなのかと驚いています。
それは美容でも同じで「美容オイル」に対しても注目されています。特に30代、40代を過ぎたころから環境や体・肌の機能が大きく変化するために“アンチエイジング”を目的とした美容にオイルが役立っています。

アンチエイジングの美容オイルで認知度も高いのがアルガンオイルです。アルガンオイルが他のオイルと違うところは、肌だけでなく多様な使い方や効能があるということです。髪の毛やボディはもちろん食用としてもいい万能オイルです。

 >>> 「アルガンオイルが1本で多効能のワケとは?

特に40代前後のアラフォー女性にとっての保湿は美容オイルをうまく使うことがカギとなります。そこで役に立つのがアルガンオイルです。

スクリーンショット_072617_034339_PM

肌も年齢とともに回復力や機能(新陳代謝)の低下がおこりハリのなさ、シワ、くすみが目立ち始めます。そこでアンチエイジング美容が必要になるわけですが、肌へのアンチエイジング効果を最も期待できる成分がアルガンオイルには豊富に含まれています。

 >>> 人気の『Mervitaメルビータ アルガンオイル』を見てみる

オレイン酸、リノール酸、バルミチン酸(ビタミンA)以外に他の美容オイルより優れているのが“ビタミンE”が多いことです。ビタミンEはアンチエイジングの代名詞ともいわれる栄養素ですよね。体内からはもちろん、肌からも直接吸収することでいろいろなはたらきをしてくれます。

具体的には皮膚の血行促進による新陳代謝の活性化や肌のくすみの改善、皮膚の角質硬化防止、抗酸化作用、保湿効果、メラニンの沈着抑制、抗炎症作用、紫外線防御の効果が認められています。
またアルガンオイルは人肌の脂質と似た性質があるため、肌になじみやすく浸透性が高いのが特徴です。そのためブースターとして使用できる数少ないオイルでもあります。

普段使用している化粧水とアルガンオイルで本来の肌の機能をサポートしながら負担をかけないアンチエイジング美容ができるシンプルでパフォーマンスの高いアルガンオイルはアラフォー女性の強い見方ですね。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ