アルガンオイルはシワの改善にも効果的!その理由に納得

 

女性にとっての肌の悩みで多いのが“シワ”ですよね。特に年齢を重ねると老化には逆らえず、アンチエイジングで少しでも改善することに期待してしまいます。そこで注目したいのがアルガンオイルです。アルガンオイルの効能で特に肌に作用するための成分が多く含まれています。今回はシワの改善についてみてみましょう。

 >>> アルガンオイルについて詳しく知りたい

アルガンオイルに含まれる成分の中にはパルチミン酸があります。これがお肌の“シワ”の改善に効果を発揮する成分です。肌の健康を保つ栄養素はビタミンAが必要となりますが、このビタミンAは体への吸収が難しいだけでなく、吸収されたあとも安定性がよくないためこれを留めておく必要があります。その留め役となるのが“パルチミン酸”です。

スクリーンショット_080617_115325_AM

このことからほとんどの化粧品にはパルミチン酸が配合されています。
パルミチン酸ので期待できる肌への効果は、
しわを抑える(ビタミンAを安定化させる)
ニキビを減らす(過剰な皮脂の分泌を抑えるため)
ただし、肌の健康を保つ基となるビタミンAを摂取することで相乗効果が期待できます。ビタミンAの働きとして、上皮細胞の正常化・皮膚や粘膜細胞の健全化があります。よく紫外線(太陽光)の多い国ではニンジンをよく食べるとよいと言われますが、これは肌の健康に必要なビタミンAを摂取するめに長年の経験から言われてきたことでしょう。

パルチミン酸の働きによりビタミンAが安定化すると、肌の表面(上皮)に薄いバリアが張られた状態になるため、外の刺激から肌を守る役割をしてくれます。また、内側(真皮層)からの乾燥を防いでくれるので結果として肌の保湿が保たれることになります。

シワのいちばんの大敵は「乾燥」と「紫外線のダメージ」なのでこれらから肌を守ってくれる上皮バリアを健全に保つことがシワを深刻化させないようにするための方法ということになります。

また肌のバリア機能を強化することで皮脂分泌のコントロールを補ってくれるので、ニキビの発生を軽減することにもつながります。特にオイリー肌の人はその効果が期待できるかもしれません。
※乾燥肌の方は症状が改善されない場合もあります。肌に異常を感じたら医療機関を受診することをおすすめします。

アルガンオイルには天然のパルチミン酸が含まれているため美容用は肌から食用は体内からパルチミン酸を取ることができます。まさに天然の美容液ですよね。

このパルチミン酸は通常食物から多く摂取できるものです。特にパーム油に多く含まれていて、動物性油脂(牛脂、ラード、バター)にも含まれています。
このパルチミン酸で気を付けたいのが、「食用として体内へ取り込む」際の過剰摂取です。パルチミン酸は飽和脂肪酸のため体の中に留まりやすい性質があることです。飽和脂肪酸は健康のためには必要な脂肪酸ですが、過剰摂取はそのまま体内に蓄積されることになり悪玉コレステロールの原因になるため総エネルギーの7%以下を推奨しています。食べ物から摂取する場合は注意してください。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ