アルガンオイルのシミ・美白への効果への高い期待が持てるワケ

 

アルガンオイルはいろいろな美容液のなかで特に抗酸化作用に優れている美容オイルと言えます。それはアルガンオイルの成分のビタミンEが大きく関係しています。

アルガンオイルはそのオイルの半分の成分が「γ-トコフェノール」というビタミンEの一種です。ビタミンEは性質によってα、β、γ、δ、トコフェノールがありその総称がビタミンEです。それぞれの食物によってそのトコフェノールの含有量は違い、アルガンオイルはγ-トコフェノールがいちばん多く含まれています。

girl

このγ-トコフェノールは別名「女性向けビタミンE」ともいわれていて、その効果は体のむくみを取るほか、非常に高い美白効果が期待されています。

 >>> 人気No1のメルヴィータのアルガンオイルを見てみる

肌の酸化と抗酸化作用

そのそも「抗酸化作用」は私たちの体や肌にとってどのような影響があるのでしょうか。抗酸化作用は文字通り「酸化に対抗する」ということですが、“酸化”は体にとってはいわゆる体が“サビる”ということです。金属や油、食べ物は空気に触れるとサビてしまい劣化しますが、その状態が体にも起こると考えるとわかりやすいですね。

具体的には、私たちは酸素を取り込み活動のエネルギーを作りだすことで“活性酸素”が作りだされます。この活性酵素がサビの原因となるわけですが、特に肌は外からの紫外線の影響を受けやすくこの紫外線によって活性酸素が大量に発生する状態になります。

この活性酸素は肌の細胞を攻撃することで潤いのモトであるコラーゲンの生成能力の低下によりシワができやすくなります。また紫外線だけでなく活性酸素が表皮のメラノサイトを攻撃することでメラニンの量が増えシワの原因となることが知られています。

アルガンオイルの抗酸化作用と肌への効果

アルガンオイルは美容オイルとしても食用オイルとしても効能を持っています。美容オイルとしては説明の通りむくみや美白効果が期待されています。シミなどの原因となるメラニン色素を作り出す酸化酵素チロシナーゼの活性を抑制し、黒色メラニン化を防ぐことが美白効果のメカニズムとされています。γ-トコフェロールにはチロシナーゼ阻害作用がありこれが高い美白効果は期待されている理由です。

γ-トコフェノール(ビタミンE)はもともと人の肌にも存在する物質のため皮膚からも吸収され、吸収されたビタミンEは誘導体がはたらき皮膚の炎症や色素沈着に効果的に働くことがわかっています。ただ速攻性ではなく継続して使用することでその効果が期待できるので、肌のお手入れの日常品としてアルガンオイルを使用することをおすすめします。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ