これだけは知っておきたいチアシードの正しい食べ方

 

★こんな方は必見!

  • 食生活を改善したいけど、どうすればいいかわからない
  • 楽しみながらダイエットしたい
  • 疲れがなかなかとれない
  • 病気でもないのに、なんとなく体調がよくない
  • そこまで意識高い系ではないが、体にいいことはしたい
  • ちょっと面倒くさがりで、やることが長続きしない

 

★世界も認めたチアシード

注目の『スーパーフード』にはいろいろありますが、中でもチアシードは栄養、効果、用途で扱いやすさNo1です。

しかも栄養面でもバランスのとれたまさに“スーパー”な食品です。

もともとはアメリカから「ダイエットに効果がある」ハリウッドセレブ愛用の食品として一般女性に広まりました。

最近では日本の食品業界にもそのブームが波及し、続々とチアシードを使った関連商品がでてくる程の人気ぶりです。

ドイツでは小麦粉に替わる食品として“グルテンフリー”のパンが研究、開発されています。

いつもの食事にプラスする・一緒に食べるだけという手軽さも人気の理由です。

★正しく知って、効果を体感!

本来スーパーフードとしてのチアシードはアメリカの食事療法の一環として注目されていたもので、厳密にいえばダイエット食品ではありません。

その効果の一つとして“ダイエット効果”があるというだけです。栄養価が高いため、カロリーは普通にあります。

アメリカの医師や専門家は“スーパーフード”を「栄養価が高く、健康に有効な食品」、「特定の栄養・有効成分を突出して多く含む食品」と定義しています。

その食品をライフスタイルにあった食事にうまく取り入れることでスーパーフードの機能を活かし健康や美容と共に食生活をサポートしてくれる強い見方になります。

しかしそこはあくまで食品のため、正しい知識と食べ方が必要です。

害になることはありませんが、間違った方法で摂取するとその効果が期待できないだけでなく、逆に太った、値段のわりには、、と期待はずれになってしまいます。

チアシードも食材を選ぶように、自分の目的や期待する効果にあったものを選ぶとよいでしょう。

・加工していないチアシードは必ず水分を含ませてから使用しましょう。そのままでは胃、腸の水分で膨張することがあります。 ・ごく稀にアレルギー反応を示すことが報告されています。シソ科の仲間タイム・オレガノにアレルギーのある方は可能性が高いです。 またゴマ、マスタードとの相互作用が確認されています。食べ合わせに注意してください。 ・妊婦さんや授乳中の方も大丈夫です。栄養的には妊娠中に必要な栄養補給に最適です。心配な方は医師に相談してください。 ・ブラックチアシード(改良されていないもの)は熱に弱いです。加熱は避け、常温(10~42℃)で効果が発揮されます。

 

◎チアシードの栄養素

  • List Design1
  • オメガ3脂肪酸(亜麻仁油、エゴマ油に含有率が高い)
  • 食物繊維(水溶性、不溶性どちらも含む)
  • 必須アミノ酸(8種類/9種類中)
  • ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛)
  • ビタミン
  • 脂質

 

◎チアシードで期待できる7大効果/作用

  • アンチエイジング(抗酸化作用)
  • 女性のホルモンバランスを整える(生理前症候群の軽減)
  • 食事量の改善、ダイエット効果
  • 高血圧、コレステロールの低下(生活習慣病の改善)
  • 便秘の改善とデトックス
  • 新陳代謝の向上
  • 骨や筋肉を丈夫にする

 

厳選 チアシード Best3

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ