セルライトはダイエットで減らせるのか?

 

ダイエットの悩みで多いのが、ついてしまった脂肪は落とせるのか?ということです。特に“セルライト”はなかなか取れないやっかいものです。

そもそもセルライトはなぜ特別にダイエットの大敵と見られるのか?セルライトについて知ることでその対処法を探ってみます。

セルライトの正体

簡単に言えばセルライトは脂肪と同じです。そのそれぞれの脂肪の成り立ちとつく場所が違うことに注目しましょう。

脂肪の特徴は、

・男女共につく

・全身につく

・皮下や内臓周りにつく

・接食や運動で減らすことができる、などがあります。

 

脂肪は大きく分けて皮下脂肪内臓脂肪があります。内臓脂肪は男性につきやすく、皮下脂肪は女性につきやすい特徴があり、それぞれの体型にもその違いが現れます。

 

その脂肪の中で皮下脂肪の脂肪細胞が肥大化しコラーゲン線維と絡まって固まってしまった脂肪の状態を“セルライト”と呼びます。

 

セルライトの特徴として、

・女性に多くつく

・痩せている人にもつく

・お腹・腰周り、太もも、二の腕付近につきやすい

・表皮に近い部分につく「皮下脂肪」

・摂食・運動で落としにくい

・一度つくと完全な除去が難しい

などあまり聞きたくない事ばかりです。ダイエットが難しいとされているのもこの辺が関係しています。

こうしてセルライトは悪者になってしまう

本来、女性にとっての脂肪はからだの熱放散を防ぎ、大切な部分を守る心強い存在です。女性らしい体型をつくるのもこの“脂肪”のおかげといえます。

しかしその正常な機能を果たさなくなると“セルライト”という厄介者となり逆に女性の敵となってしまします。冷えやむくみの原因もそこにあります。セルライトのつきやすい太もも、腰周り、二の腕を触ってみてください。他と比べて冷たくないですか?

 

よく『代謝が悪い』ということを聞きますが、これが脂肪をセルライト化させてしまう元になっています。代謝の働きのひとつとして重要なのが、「体に必要な栄養や酸素などを細胞に届け、老廃物を回収して排出する」ことです。この時に運び役を担ってくれるのが“血管”と“リンパ”です。

 

血液とリンパの流れが悪いと回収した老廃物が排出されないまま滞ってしまうと脂肪細胞の中に吸収されてだんだんと肥大化していきます。この肥大化した細胞が血管やリンパ管を圧迫しさらにその部分の代謝を低下させます。

 

こうなると脂肪細胞は体の組織や細胞の接着剤のコラーゲン線維に絡まり固まってしまうのです。固まったセルライトは血液やリンパのストッパー役になり、ますますセルライト領域が拡大してく悪循環になります。これがセルライトになる原因と一度セルライトがつくとなかなか取れない原因です。

セルライトは落とせるのか?

セルライトの原因がわかればその逆のことをしてあげればよいのです。体を温め、リンパマッサージをするのがよいとされるのは理にかなっています。

よく“脂肪をつぶす”とかいいますが、脂肪はつぶれるものではありません。滞った血流やリンパを流し老廃物をうまく排出する手助けがマッサージです。またこれと並行してセルライトのつきやすい太ももや腰周り、二の腕の筋肉を使ってあげることで血液やリンパが循環するための補強をしてあげましょう。これがいわゆる部分痩せダイエットの目的です。

 

そして基本は食事による代謝の向上です。代謝によい食べ物、血液がサラサラになるものをうまく取り入れた食生活を心掛けましょう。

 

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ