ダイエットの効果は脂肪燃焼がカギ

 

この体型は親ゆずりだからとダイエットをあきらめてはいませんか?肥満の原因は遺伝子によるものが3割、生活環境によるものが7割と言われています。

その遺伝子が作用する肥満要因のひとつが“褐色脂肪細胞”の働きの違いによるもののようです。

褐色脂肪細胞と脂肪燃焼の深い関係

「脂肪細胞」と聞くと肥満の元凶のように思いがちですが、これには白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。いわゆる肥満に関係しているのは白色脂肪細胞で、逆に肥満を解消しダイエット効果を助けてくれるのが褐色脂肪細胞ということがわかってきました。

 

“脂肪を燃焼させる”というのを耳にしますが、その脂肪燃焼の働きをしているのが褐色脂肪細胞です。一方、白色脂肪は体内に入ってきたエネルギーを中性脂肪として蓄えます。これがいわゆる太る=肥満ということです。

では「褐色脂肪細胞を活性化させて脂肪燃焼をうながせばダイエットになる!」と考えがちですが、そう簡単にはいかないようです。

 

褐色脂肪細胞は遺伝子の影響を受けているという事実

褐色脂肪細胞は生まれた赤ちゃんがいちばん多く持っている脂肪細胞で、生命を維持するための人類の遺伝的な要素といえます。褐色脂肪細胞は体内環境を一定に保とうとする働きを持ちます。

よく平熱36.5℃といいますが、この状態を保つために寒さを感じると褐色脂肪細胞が活発になり、熱を発生します。その熱が周りの血液を温め、全身に温められた血液が送られることで体温が上がります。これが基礎代謝の働きのひとつで、これがエネルギー消費(エネルギー燃焼)につながり脂肪燃焼になるわけです。

 

しかし!褐色脂肪細胞が年齢とともに減少することがわかっています。さらに脂肪燃焼の際に褐色脂肪細胞が必要とする白色脂肪細胞の利用効率に“遺伝子”が深く関わっていることがわかってきました。その遺伝子こそ肥満遺伝子といわれるものです。

 

この遺伝子情報の中に「βアドレナリン受容体」の働きがあり、この遺伝子タイプの違いにより脂肪燃焼の効果に差がでることが明らかになってきました。βアドレナリンのは、脂肪の取り出しや燃焼を行うように働きかける役を担っています。その遺伝子の変異タイプの違いがβ3AR・UCP1・β2ARです。(詳しくは肥満遺伝子で)

 

寒さが効果的!褐色脂肪細胞を元気にする方法

褐色脂肪細胞は体の大切な部分を守るように付いています。その場所が、首の付け根付近、肩甲骨の間、心臓・腎臓周辺・脇の下です。

簡単にいえば体が寒さを感じて褐色脂肪細胞が働いてくれればよいのです。通常これだけだとその部分を冷やすことで寒さが脳に伝わり褐色脂肪細胞へ指令がいくわけです。あながち冷水をかぶる、水泳のダイエット効果が高いというのも間違いではありません。

 

しかし人は成長するにしたがって身体の環境が複雑になるため、いろいろな要素が関わってきます。もともとの遺伝子情報をはじめ自律神経や栄養素(レプチン、亜鉛)などの複合的なことが合わさって脂肪燃焼効果が高まることになります。

 

よりダイエットの効果を高めるためには遺伝子検査で自分のタイプを知り、ストレスを軽減させる生活習慣、バランスのよい食生活をおすすめします。

 

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ