日常生活でできる、今より身長を伸ばす効果的な5つの方法

私たちの背の高さは60%~80%が遺伝子によるものとされていますが、残り40%~20%が環境に影響されるといわれます。

身長に影響する環境には栄養・睡眠・運動が重要で、中でも栄養は特に影響を及ぼす重要な要因です。

言い換えれば栄養が身長を伸ばす可能性の基礎になるということです。

身長を伸ばすための効果的な5の方法をヒントに可能性をのばしてください。

 

1.健康的な朝食を食べる

朝食の重要性が言われて久しいですが、健康的な朝食は体の成長と発達に重要な役割を果たします。

朝食を抜くことは成長、特に身長に関わる栄養が取れない可能性があります。また朝食を取ることで新陳代謝が活発になり、成長期の発達に大きく影響します。

 

2.成長を妨げる要因を避ける

カフェイン、アルコール、喫煙は成長を妨げる要因になるものです。アルコール、喫煙は特に低年齢ほど影響を受けやすので注意が必要です。

カフェインは日常生活でも身近なものですが、特に子どもの飲み物として炭酸飲料、コーヒーはカフェイン含有量が多いのでなるべく避けるようにしましょう。

カフェインの成長への影響は、

①カルシウムやミネラルを排出する作用がある

②睡眠障害の原因になる

③中毒性がある

④頭痛を引き起こす

などがあげられます。カルシウムの排出は顕著なものではありませんが、その分カルシウムを補う必要があります。

 

3.睡眠を十分にとる

睡眠を十分にとることは身体の成長と発達に大きく影響します。

特に成長期の子どもは9時間~11時間の睡眠が必要とされています。

睡眠は十分な休息をとるだけでなく、『成長ホルモン』が分泌されることにより成長、特に身長(骨の成長)に大きく影響します。

成長ホルモンは睡眠後1時間程度で発生しノンレム睡眠時の2~3時間の間により活発に分泌されています。そのため睡眠は時間だけでなくより深い眠りにつく“質”が重要となります。

 

4.健全な食事

身長に影響する要因の大きなものが“栄養”です。

骨の成長だけでなく体の発達を促すためにもバランスのよい栄養が必要となります。

健全な食事を心がけることによって体の成長だけでなく、免疫機能の強化や適正な体重を維持することができます。免疫機能を高めるためにはビタミンC、ビタミンAを積極的にとりましょう。

ダイエットはおすすめしませんが、適正な体重を維持するためのダイエット補助食品は有効な手段になるかもしれません。補助食品は栄養バランスの考えられたものにしましょう。

 

5.適度な運動

日常の適度な運動は特に成長期の子どもにとって重要な役割があります。運動により代謝がより活発になり、睡眠の質に影響します。また適正な体重を維持するのに最適です。

成長や身長に影響する成長ホルモンの分泌にも運動は欠かせない要因になっています。また運動に中でからだを伸ばすストレッチも身長やよい姿勢を保つために効果的とされています。

身長を伸ばす具体的なストレッチもあるようです。

 

サブコンテンツ

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

このページの先頭へ