子どもの身長や体格は親の心配ごと。 “可能性を伸ばしてあげたい、、、”その願いをサポートする方法があります。

★子どもは遺伝がすべてとは限らない

最近の子どもの目に見える変化。それは日本人のイメージとはかけ離れた身長と体格。

それはデータにも表れていて疑う余地のない事実です。ここ半世紀で身長の平均は10cmも伸びています。

これは日本人の食生活の変化と栄養状態の変化が関係しているとの見解です。身長や体格は後天的な

環境で大きく差がつきます。

遺伝は単なる器です。「これは遺伝だから、、、」とあきらめずに、その可能性を最大限伸ばしてあげたいのが

子どものためを思う親心ですよね。

 

★子どもの成長の3大要素

“寝る子は育つ”とよく言いますが、これは根拠のある言葉です。子どもの成長に必要な3大要素は

『栄養(食事)、運動、睡眠』です。どれも意識してとるものりですが、その環境をつくってあげるのは親の役目。

特に“食事と栄養”は子ども自身で判断できることではないので乳幼児、小学生、中学生には親の役割が

重要です。

 

★成長期にいちばん影響するカルシウム

しかし、やっかいなのが“カルシウム”。子どもが成長する時には骨の軟骨部が成長することで身長が伸びます。

年齢が高くなるほどこの部分は固くなり骨が伸びなくなります。これが成長が止まる時です。この時までに

十分なカルシウムがとれないと骨が成長しない可能性があるのです。

そうは言っても個人で食事の栄養バランスを考えて食事の献立を考えるのは時間もメニューにも限界があります。

ここは賢く「サプリメント」や「栄養補助食品」に頼るのが、負担も少なく長く習慣として続けられるコツです。

 

現在では、科学的な根拠に基づいた子供の成長を助ける栄養補助食品がありますので、毎日の生活に取り入れてあげるのも良い考えだと思います。

 

子どもの身長を伸ばす栄養は一時的なものではなく、継続することが大事です。自分にあった方法で長く子どもをサポートしてあげましょう。

 

サブコンテンツ

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

このページの先頭へ