寝る直前に飲食すると背が伸びないってホント?

背を伸ばすには「何を食べるか」 だけでなく、「いつ食べるか」も重要です。

最近の子は遅くまで起きていることが多かったり、部活の練習がハードな子供も、おなかがすいて、夜寝る前に夜食や間食を食べることもあるかもしれません。

でも、寝る前に飲食するのは2つの側面からお勧めできません。

 

寝る前の食事は成長ホルモンの分泌を妨げる

成長ホルモンは、夜寝ている間に最も分泌されるという性質と、血糖値の下がった状態で分泌されやすいという性質を持っています。

そのため、夜寝る前に炭水化物を食べると、血糖値が上昇し、そのままの状態で眠りにつくことになり、睡眠中のホルモン分泌が妨げられ、身長の伸びを阻害してしまうことになります。

 

未消化の状態で入眠すると体が休まらない

寝る直前に食事を取ると、睡眠中でも消化器官が消化のための活動を続けることになります。

食べ物の消化にはたくさんのエネルギーが必要なため、お腹いっぱいの状態だと、骨を成長させるのに使うエネルギーがす不足してしまいます。また、寝ている間に内臓などが十分に休むことができず、睡眠の質も下がってしまいます。

成長ホルモンの分泌を妨げず、成長にエネルギーを使うには、夕食後は食べたり飲んだりすることを控え、血糖値の下がった状態で寝ることが望ましいと言えます。

 

どうしてもお腹がすいてがまんできないんだけど。。

食べ盛りのお子さんや部活で忙しいお子さんの場合、どうしてもお腹がすいてしまって、夜寝れない。。という人もいます。

そんな時は、純粋なたんぱく質に近い食品少量食べるといいです。

たんぱく質は血糖値をあげることに作用しないため、成長ホルモンの分泌の阻害は抑えられますし、少量であれば、消化もはやく終わるためです。

例えば、鶏のささみゃ小魚、卵などが良いと思います。

サブコンテンツ

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

このページの先頭へ