身長を伸ばすだけじゃない!成長ホルモンと睡眠の深い関係

人の生活や子どもの成長には「成長ホルモン」が大きな役割を果たしているのはこれまでに理解できたと思います。   >>>くわしくは「成長に関わるホルモンの正体」へ

成長ホルモンといわれるため、成長にしか関わらないと思われがちですが、大人にもたくさんのうれしいはたらきをしてくれます。子どもの成長を促すつもりが、自分も健康になっていたとなればうれしいことですね。 では、子どもの成長と成長ホルモンの基本についてみていきましょう。

成長ホルモンの役目とはたらき

成長ホルモンは子どもの時だけでなく人の生涯にわたって分泌され、体のいろいろな機能を担っています。子どもの頃に分泌のピークを迎え、年をとるほどその分泌量も減ってきます。いちばんのピークの頃が成長幅も大きくなり身長も伸びるわけです。

年齢によって必要な成長ホルモンの役割が違ってくるため、はたらきの優位性が大人と子どもでは違ってきます。大人は成長にかける成長ホルモンが少ない分、修復の役目が優位になります。

成長ホルモンのはたらき

・記憶力を高める、意欲を高める(脳に作用)
・骨を成長・発達させる(骨に作用)
・生殖機能を正常に保つ(生殖器に作用)
・免疫機能を保つ(免疫に作用)
・脂肪の代謝を促し、脂肪が過度にたまらないようにする(脂肪組織に作用)
・コラーゲンの生成を維持する(皮膚に作用)
・代謝を正常に保つ(代謝に作用)
・筋肉の質を保つ(筋肉に作用)

ステージごとの役目

①幼児期:成長・発達が優位
・骨の成長、発達
・筋肉の成長、発達
・各器官の成長、発達
②思春期:性の成熟(性ホルモンと相互に)
・性的な成熟をうながす
③成人期:バランスの維持、アンチエイジング、機能の修復
・体の代謝バランスを保つ
・筋肉や骨の量を保つ
・精神的なバランスを保つ
成長ホルモンは成長期を過ぎると、アンチエイジングのホルモンとよばれるほど、老化に影響してきます。

睡眠と成長ホルモンの関係

成長ホルモンは1日を通して分泌されていますが、夜間の睡眠開始直後にいちばん分泌ピークを迎えることがわかっています。その後、徐々に起床(覚醒)に向けて分泌が減っていきます。

よく子どもの成長や身長を伸ばすには“睡眠のゴールデンタイム”の11時~2時の睡眠が重要といいますが、これは特に時間帯が決まっているわけではなく、起床後14時間~16時間後にメラトニンの分泌が多くなり眠りにつく頃、そして通常の眠りの直後の熟睡時(ノンレム睡眠)に成長ホルモンがいちばん出やすいことに関係しています。

睡眠は体を休めるだけでなく、成長ホルモンの分泌を促しはたらきを良くする環境もつくっているのです。そのため睡眠は時間だけではなく“質”も重要になります。

睡眠に必要な“メラトニン”

この睡眠の質に関係するのが“睡眠ホルモン”とよばれるメラトニンです。このメラトニンが多くなることで眠くなり成長ホルモンの分泌を促す効果があることが分かっています。またこのメラトニンは性ホルモンのはたらきを抑制する役割もあるため思春期前の子どもにとっては成長ホルモンを体の成長、特に骨の成長に多く使うことができます。その結果身長の伸びがよくなるのです。

子どもにとって睡眠が大事というのはここにも理由があります。通常は睡眠と成長ホルモンはセットと考えて過言ではありません。どちらか一方だけでは成り立たず、バランスが崩れると病気の可能性があるので治療が必要となります。

成長ホルモンと関係する重要な物質

質のよい睡眠をとるためのカギは「メラトニン」です。このメラトニンが多く正常に分泌されることで睡眠と成長ホルモンのはたらきをうまく両立することができます。メラトニンは人の体内時計に大きく作用することから1日の生活サイクルを左右する重要な役割を持っています。

メラトニンの源、“セロトニン”と“トリプトファン”

通常は朝起きるころにはメラトニンが減少することで睡眠から覚醒して目が覚めることになります。この覚醒に関係しているのが「セロトニン」という脳内物質です。セロトニンが多くなると逆にメラトニンは分泌されません。セロトニンはメラトニンを作り出すのにも作用しているためメラトニンが正常に分泌されるにはセロトニンがうまくはたらく必要があります。このセロトニンは朝起きて光を浴びると活性化されるため、覚醒には“太陽の光を浴びろ”といわれるのはこのためです。

メラトニンとセロトニンの2つの物質は、体内でつくりだすことができます。しかしセロトニンをつくりだすのには他の材料が必要です。それが「トリプトファン」という必須アミノ酸です。これは通常食品のたんぱく質から摂取することができます。さらにこのトリプトファンを体に取り込みやすくするためにはビタミンB群が必要となります。  >>>「たんぱく質の摂取について」はこちら

成長ホルモンをはたらかせるには睡眠を中心にしていろいろな身体の機能や栄養が必要ということですね。

サブコンテンツ

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

このページの先頭へ