成長を促進し、背を伸ばすための睡眠のとり方

昔から「寝る子は育つ」と言われていますが、近年の研究で、これは医学的にも正解だということが証明されています。
子供の成長に、栄養と並んで重要なのが睡眠だというわけです。

しかし、ただたくさん寝ればいいというわけでもありません。
今回は、身長を伸ばすために効果的な睡眠のとり方や、その質についてご説明します。

 

睡眠中に成長ホルモンが分泌される

身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌が必要不可欠です。

成長ホルモンは骨端線に作用し、骨の成長に大きな役割を果たします。それ以外にも、体の成長や修復、疲労回復にも重要なホルモンです。

この成長ホルモンは寝付いてから大量に分泌され始め、入眠後、2~3時間後に、体内濃度がピークになりますが、生活習慣が乱れ、睡眠が浅くなってしまうと分泌されにくくなってしまいます。

成長ホルモンをしっかりと分泌させるには、深く質の良い睡眠をとる必要があります。

 

睡眠には思春期を遅らせる効果も

また、夜、暗くなると分泌されるメラトニンというホルモンがあります。

メラトニンは脳内の松果体という器官から分泌され、体内時計を整える作用を持っています。

メラトニンは別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、覚醒と睡眠を切り替えて落ち着かせ、自然な眠りに誘導する作用があります。

また、睡眠以外にも、抗酸化作用を持ち、「性ホルモンの分泌を抑制する働き」も持っているという研究結果もあります。

一般的に、思春期始まりが早い子供と比べて、遅い子供の方が最終身長は高くなる傾向があります。

身長を伸ばす可能性を高めるためには、思春期の開始を遅くする働きを持つメラトニンがしっかりと分泌されるように生活習慣・睡眠のリズムを整えることが大事だと思います。

 

日本の現代っ子は睡眠時間が足りない!

上で述べたように、睡眠は子供の成長に非常に重要な役割を担っています。

成長期の子供の理想的な睡眠時間は、3、4歳から6歳くらいまでは11~13時間、小学生低学年は10~11時間、小学生中高学年〜中学生は9時間程度、高校生は8時間程度といわれています。

しかし、特に現代っ子は、塾通いや、テレビゲーム、インターネットの普及などによって夜型化して、睡眠時間がどんどん短くなってきており、睡眠時間が圧倒的に少なくなってきているのが現状です。

小さいころから夜更かしの習慣があると、思春期になってもあまり背が伸びません。

とはいえ、子供に、自分の身長を考えて、早く寝るなんて難しいですよね。

やはり、親が責任をもって、子供には早く寝る習慣をつけさせるのが重要だと思います。

 

最近注目のアルギニンとグリシン

同じくアミノ酸の一種であるアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す作用のほか、記憶力を高めたり、やる気を起こさせる作用があります。

また、最近の研究で、アミン酸の一種であるグリシンには睡眠の質を高める作用のあることが分かってきました。

食事の記事でも述べたように、グリシンは骨を作るコラーゲンの主成分でもあるので、グリシンを摂れば「睡眠」と「骨の伸長」という身長を伸ばすのに効果的な2つの効果が得られることになります。

例えば、これらの成分をサプリメントで補うと、ぐっすりとよく眠れて、翌日は頭がすっきりと冴えて、勉強もはかどるということになります。

サブコンテンツ

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

このページの先頭へ