成長痛は身長が伸びてる証拠?!

思春期の子どもによく見られる症状として「ヒザが痛くなる」というのがあります。
単なる“成長痛”としてそのままにしてしまう方もいるかもしれませんが、それは誤った認識です。

成長痛は「オスグッド・シュラッター病」といってれっきとしたスポーツ障害です。特に10歳~15歳の成長期によく症状がでるため「骨の伸びと体の成長が追いついていないから」と勘違いされることが多いです。しかしそれだけで症状がでるのはまれです。そうであれば成長期の子どもは皆なっているはずです。

成長痛の正しい原因を知ろう

私達が曲げた足を伸ばすには、太ももの前の筋肉がヒザを介し、すねの骨を引き上げます。この時すねの骨と筋肉の接合部分に負担がかかり、ヒザの骨の軟骨部分がはがたり炎症がおこるためです。
その接合部分に強いけん引作用と繰り返しの反復作用がかかることにより、まだ成長期にある子どもの軟骨組織の多い骨に過剰に負荷がかかり成長軟骨部がはがれてしまうことと重なって“成長痛”といわれています。
原因は繰り返し負荷がかかるヒザ部分の伸縮動作といえます。

普段の生活では強い伸縮動作がヒザにかかることは考えにくいです。やはり特定の運動(スポーツ)をすることでその頻度が高くなります。もっとも筋肉が伸縮する動作は、ジャンプ・ダッシュ、ストップです。これをスポーツに当てはめれば、サッカー、バスケットボール、野球、バレーボール、陸上競技、テニスが特にオスグッド病を発症しやすいスポーツといわれています。

成長痛を適切に治すために

治すためにいちばん効果的な方法は「完全にスポーツを中止して休養をとる」ことです。たかが成長痛くらいでと痛みを我慢してスポーツを続けても力がはいらなかったり、痛みをかばったりすることで大きなケガにつながります。

またどんな症状でもいえることですが、早期に治療した方が回復も早くなります。時間が経過したオスグッドは筋膜の整合が難しくなります。筋膜の整合をうまく行うのが痛みを取るいちばんのポイントになります。これはオスグッドの発生から早ければ早いほど整合率も高くなるので、痛みがある時は無理をしないことがいちばんです。

なお、軟骨細胞がはがれたからといって成長が止まる(身長が伸びなくなる)わけではありません。それよりも痛みを我慢して他の部分に支障をきたすことのほうが悪影響です。体に痛みが出た場合は何かの信号ですので、いたわってあげましょう。

サブコンテンツ

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

このページの先頭へ