「2016年5月」の記事一覧

認知症の違いから知る、将来のリスクと備え

dependent-100342_640

認知症による「介護離職」の深刻さが社会問題となっていますが、認知症は本人だけでなく周りで介護する人にも大きな影響を与えます。   特に若年性認知症は老年期認知症にくらべ患者数が少ないため表だって見えませんが、本・・・

今からでも遅くない、若年性認知症の予防が認知症リスクを減らす

dementia-595638_640

若年性認知症は早期発見、早期治療で改善が見込まれることがわかっています。 若年性認知症のなかには、原因疾患によって普段の生活を見直すことでその発症を予防できるもや、発症リスクを少しでも減らすことができるものがあります。 ・・・

要注意!若年性認知症の症状は見逃しやすい

alzheimers-749617_640

一般に認知症は高齢者の問題ととして扱われがちですが、それより前に発症する「若年性認知症」もあります。高齢者ほど多くはありませんが、発症すると高齢者の場合より抱える問題が大きくなりがちです。 また若年性認知症の場合、進行と・・・

認知症は認知症予備軍の早期発見がカギとなる

rollatator-63619_640

認知症は65歳以上で発症するものですが、その前の「認知症予備軍」の段階でいかに認知症への進行を防ぐかが「早期発見」の重要なポイントです。 そのいちばん元になる診断が自分がMCI(軽度認知障)かどうかを認識することです。M・・・

仕事ぶりでわかる、若年性認知症の兆候

tie-690084_640

一般的に『若年性認知症』は65歳以下で発症する場合で、その年齢は40歳代から50歳代で発症します。 通常の認知症とは違い、これらの若いころの認知症は65歳以上の認知症患者とは別の問題に直面します。 特に仕事の面ではまだ現・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ