代表的な日本のお米の種類と特徴

 

食味ランキングでは、コシヒカリが多くランクインしているのは見てとれますが、ひとめぼれも多いですね。食味ランキングに出てくる品種のお米は2012年度の新米でも注目されている品種があります。

 

日本で生産されているお米のなかで主要な品種の特徴をみてみましょう。店頭で一般に販売されているお米です。

日本のお米5大ブランド

bd_rice1コシヒカリ 新潟の品種
お米の代名詞のような存在。日本人が好むお米の条件をバランスよく備えています。香りがよく甘みがあり、ふっくらとほどよい粘りのある食感が特徴。新潟の魚沼産コシヒカリは最高ブランドとして認知されています。品種の適応性から全国的に栽培されているお米の種類で生産量もNo1です。

 

bd_rice1ひとめぼれ 宮城の品種
かつてのお米の2大勢力の1つササニシキの後継として登場した、宮城県育成のポスト・ササニシキ的お米です。米の粒が大きく食感としてはあっさりとしています。やわらかく冷めてもおいしい米として評価が高いです。

 

bd_rice1ヒノヒカリ 宮崎の品種
宮崎県で改良された西日本の栽培環境に適した品種です。コシヒカリより粒は小さめですが、コシヒカリの血を受け継いでいるので食味はあまり変わらないコシヒカリより安価で手ごろなので九州を中心に中国・四国・近畿では人気の品種 です。

 

bd_rice1あきたこまち 秋田の品種
名前の通り秋田県が独自のブランドとして品種改良したお米。コシヒカリよりも作りやすく食味は同等のものを目指して開発された。親がコシヒカリなので食味はコシヒカリと遜色なく、米の食感がしっかりしたお米です。粘りと甘味はしっかりしたまま冷めてもおいしいお米としておにぎりに適しています

 

bd_rice1はえぬき 山形の品種
お米の2大勢力コシヒカリとササニシキの血を受け継ぐ山形県の改良品種。食味はコシヒカリの特徴を受け継いでいますが、米粒が張っているため食感に切れがありますコンビニのおにぎりのお米として採用(2007年~)されていますが、山形県内でしか栽培されないため知名度が低い。

 

このはえぬきの後継として「つや姫」が注目を集めています。このつや姫はデビューして3年目で食味ランキングも特Aを獲得しています。近年問題になっている“高温”にも耐久性があることから栽培が広がりつつあります。今後知名度も上がっていく期待の品種です。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

  • 注目のお米“北海道産”特集注目のお米“北海道産”特集 昔は「おいしくないお米」の代名詞のような扱いだった北海道産のお米ですが、近年、実力をじわじわと上げてきています。販売価格も他の大御所品種に比べて若干お手ごろな値段です。私は数年前 […]
  • お米の評価はどうやって決まる?お米の評価はどうやって決まる? いま食べているお米は好きですか?お米を選ぶとき、あなたはどのように選んでいますか。食べ慣れたブランドそれとも有名なブランド?そもそも「お米=コシヒカリ=おいしい」は正しいのでしょ […]
  • やっぱり米どころ新潟のヒミツやっぱり米どころ新潟のヒミツ なぜ新潟産のお米はおいしいのか?食味ランキングも特Aの常連です。皆さんもご存知「魚沼産こしひかり」はその代表格といえるもの。「新潟産」のおいしさの秘密にせまってみたいと思います。 […]
  • お米はこんなところでも価格が違うお米はこんなところでも価格が違う お米にも相場がありますが、様々な要素で価格は変化します。わかり易い価格の違いをみてみましょう。 1.お米の状態 玄米・白米・無洗米とは? […]
  • おいしいお米選び3つのポイントおいしいお米選び3つのポイント お米の産地や品種にもいろいろあるように、どんなお米を好むかも人それぞれです。もっちりが好きだったりあっさりがよかったりします。また合わせるおかずやごはんの友でも違ってきます。 […]
  • お米の付加価値と安全性お米の付加価値と安全性 お米の価値を決めるもう一つの要素は“付加価値”というものです。ブランドというのもありますが、すべての銘柄に共通するものとして“安全性”というのがあります。 2.栽培方法の違いと […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ