おいしいお米選び3つのポイント

 

お米の産地や品種にもいろいろあるように、どんなお米を好むかも人それぞれです。もっちりが好きだったりあっさりがよかったりします。また合わせるおかずやごはんの友でも違ってきます。

 

いろいろなお米を試してみて、好みや組み合わせを楽しんでみるのもいいです。

本当においしいお米は十人十色

いままで食べたことのないお米の品種は結構勇気がいりますよね。でも、たまたま売り切れだったりすると他のものでも大丈夫かな、と案外、乗り換えられるものです。私はそれで5種類ものお米を食べました。その中で自分の好きなお米を見つけることができました。

 

新しい品種や今まで食べたことのないお米は自分の舌で確かめないと気がすまないんです。ちなみにいまの私のブームは“ななつぼし”です。これ実は最初価格で選んだのですが、意外に自分の趣向にあったお米だったので食べています。あっさりしたお米です。

選択ポイント①-銘柄(ブランド名)で決める-

今まで自分で食べていたお米なら安心感があります。味も産地によって大きくずれることはないでしょう。

 

変えてみたい、別のものも食べてみたいという方は話題のお米から試してみてもいいですし、素直に目の前にある品種から選んでもいいです。

 

全国から厳選されたお米がここに…

選択ポイント②-価格で選ぶ-

1994年にお米の販売が届出をすれば生産者も直接販売できるようになりました。そのおかげでいろいろなお米がでまわるようになり、価格も直販の場合独自で設定できるようになりました。

 

業者を通したお米は流通の過程で品質のチェックと価格の設定がされます。相場が一種の価格の目安となります。生産者からの直販の場合、流通コストがかからないメリットがありますが、品質のチェックは独自基準なので見極めが必要です。

 

サミットネットスーパー

選択ポイント③-アドバイスをもらう-

専門でお米を販売しているお店には、お米に関して専門的な知識をもっている人がいることが多いです。

 

「お米マイスター」「お米ソムリエ」と肩書きはいろいろですが、各機関に認定されたお米に関する専門の人達です。自身の薦めるお米に関しては「自信と責任」を持っていますので、積極的にアドバスをもらいましょう。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

  • やっぱり米どころ新潟のヒミツやっぱり米どころ新潟のヒミツ なぜ新潟産のお米はおいしいのか?食味ランキングも特Aの常連です。皆さんもご存知「魚沼産こしひかり」はその代表格といえるもの。「新潟産」のおいしさの秘密にせまってみたいと思います。 […]
  • お米の評価はどうやって決まる?お米の評価はどうやって決まる? いま食べているお米は好きですか?お米を選ぶとき、あなたはどのように選んでいますか。食べ慣れたブランドそれとも有名なブランド?そもそも「お米=コシヒカリ=おいしい」は正しいのでしょ […]
  • 代表的な日本のお米の種類と特徴代表的な日本のお米の種類と特徴 食味ランキングでは、コシヒカリが多くランクインしているのは見てとれますが、ひとめぼれも多いですね。食味ランキングに出てくる品種のお米は2012年度の新米でも注目されている品種があ […]
  • お米はこんなところでも価格が違うお米はこんなところでも価格が違う お米にも相場がありますが、様々な要素で価格は変化します。わかり易い価格の違いをみてみましょう。 1.お米の状態 玄米・白米・無洗米とは? […]
  • お米の付加価値と安全性お米の付加価値と安全性 お米の価値を決めるもう一つの要素は“付加価値”というものです。ブランドというのもありますが、すべての銘柄に共通するものとして“安全性”というのがあります。 2.栽培方法の違いと […]
  • 土鍋で炊くお米は主役級!土鍋で炊くお米は主役級! おいしいお米は手に入れたけど、素材を生かすも殺すも調理が大事。お米の調理とは炊き方のことです。お米を炊くのは炊飯器が一般的ですが、炊飯器のほかに土鍋や釜、さらには鍋やシリコンスチ […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ