注目のお米“北海道産”特集

 

昔は「おいしくないお米」の代名詞のような扱いだった北海道産のお米ですが、近年、実力をじわじわと上げてきています。販売価格も他の大御所品種に比べて若干お手ごろな値段です。私は数年前から“ななつぼし”という北海道産のお米を好んで食べています。あまり重たい感じがなく、どちらかといえばあっさりと食べられる印象です。

きらら397・ゆめぴりか・ななつぼしはようやく量販店でも出回るようになりましたが、「おぼろづき」は産地が狭いため“幻の米”としてまだ全国版ではないのが残念です。

新・米どころ“北海道” 今、北海道のお米が大注目!

【北海道産お米の主要品種】

bd_rice1きらら397

北海道の米のイメージを一新した先駆的なお米。北海道でもおいしいお米が出来ることを世に知らしめたパイオニア。しっかりとした食感が特徴で、かむほどに味がでる。丼物やチャーハンによいお米です。

bd_rice1ゆめぴりか

食味ランキング特Aをとったコシヒカリにも負けない北海道の期待の星。甘味やわらかさ、粘りの全てでバランスのとれた味わい深いお米です。ステーキなど味の濃いものの付け合せにピッタリ。

bd_rice1ななつぼし

食味ランキング特Aをとった北海道の生産量No1のお米です。ゆめぴりかとは逆のあっさりとした食感ですが、冷めても甘味がしっかりと残るお米です。おにぎりや寿司によいです。

bd_rice1ふっくりんこ

なまえの通り“ふっくら”とした炊きあがりで、ほどよい粘りとやわらかさを持つお米です。どんなおかずにも合うオールマイティなバランスのとれたお米です。

bd_rice1おぼろづき

粘りと甘味を追求した「幻の米」と称されるほど限定流通。新潟産コシヒカリと遜色ない食味で今後の広がりが期待できる品種です。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

  • やっぱり米どころ新潟のヒミツやっぱり米どころ新潟のヒミツ なぜ新潟産のお米はおいしいのか?食味ランキングも特Aの常連です。皆さんもご存知「魚沼産こしひかり」はその代表格といえるもの。「新潟産」のおいしさの秘密にせまってみたいと思います。 […]
  • 代表的な日本のお米の種類と特徴代表的な日本のお米の種類と特徴 食味ランキングでは、コシヒカリが多くランクインしているのは見てとれますが、ひとめぼれも多いですね。食味ランキングに出てくる品種のお米は2012年度の新米でも注目されている品種があ […]
  • お米の評価はどうやって決まる?お米の評価はどうやって決まる? いま食べているお米は好きですか?お米を選ぶとき、あなたはどのように選んでいますか。食べ慣れたブランドそれとも有名なブランド?そもそも「お米=コシヒカリ=おいしい」は正しいのでしょ […]
  • お米はこんなところでも価格が違うお米はこんなところでも価格が違う お米にも相場がありますが、様々な要素で価格は変化します。わかり易い価格の違いをみてみましょう。 1.お米の状態 玄米・白米・無洗米とは? […]
  • お米の身分証 品質表示証明書とはお米の身分証 品質表示証明書とは お米を販売する際に必ず表示しなければならない「品質表示基準」というのがJAS法によって決まっています。下に上げる5項目と品位といわれる質のランク付けです。よく耳にする「1等級・2 […]
  • お米の付加価値と安全性お米の付加価値と安全性 お米の価値を決めるもう一つの要素は“付加価値”というものです。ブランドというのもありますが、すべての銘柄に共通するものとして“安全性”というのがあります。 2.栽培方法の違いと […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ