お米はこんなところでも価格が違う

 

お米にも相場がありますが、様々な要素で価格は変化します。わかり易い価格の違いをみてみましょう。

1.お米の状態 玄米・白米・無洗米とは?

普段よく目にするのは「白米」の状態です。最近同じ銘柄で「無洗米」も出ていますが価格に差があります。「玄米」はお米屋さんや通販で入手することができます。玄米は通常販売単位が30kgなので注意が必要です。

新潟の美味しいお米

インターネットのお米屋さん

 

◆玄米について

米の籾殻を取り除いただけのお米です。この状態ではまだ米は生きています。通常“ごはん”として食べる場合にはこの玄米を精米します。白米に比べて日持ちがいい(それでも1ヶ月程度)というのと、栄養価が高いことが上げられます。

 

逆に食味が硬く色艶がよくない。また消化に時間がかかるため胃腸の弱い人は注意が必要です。また白米にくらべ残留農薬の心配があるので減農薬・有機栽培のものが好ましいです。(通常、残留農薬検査は玄米の状態で行われます。)

 

チェックりすメモ:昔も今もお米の取引は「玄米」で行われます。よくお米をあらわす単位として“1俵、2俵”といいますが、この「俵」は現在でもお米の基本単位となっているのです。1俵=60kgで価格もこの単位でつけられます。流通上60kgは多いので半俵の30kgで取引されることがほとんどです。いまは自宅で精米できる器械があるので、その都度食べる分だけ精米する人も増えています。

◆白米について

玄米から米ヌカを取り除いたお米。通常市販されている白いお米はこの状態です。白米を炊く前に研ぎ洗いをするのはお米の表面に残った肌ヌカを取るためです。この肌ヌカは精米しただけでは取りきれず、そのまま炊くと臭みの原因となり、お米の艶もありません。研ぎ洗いをすることで米肌(米の表面)が傷つき米自身が適度な吸水性を持ち内部のでんぷんが外に出やすいため、きあがりがふっくらと甘味を感じることができます。

 

チェックりすメモ:お米のとぎ汁には栄養がいっぱいです。家庭菜園の水として再利用すると肥料のかわりにもなるし、生活排水もださなくて一石二鳥です。

◆無洗米について

無洗米はあらかじめ肌ヌカを完全に取り除き米肌がむき出しになっている状態です。肌ヌカの油分で表面が保護されていないため、乾燥しやすく水に浸したときも吸水が遅く内部のでんぷんが外に出にくいため、炊きあがりが硬く甘味を少なく感じてしまいます。

 

しかしコメを研ぐ必要がないので手間が省け水の節約になりますし、生活排水となる研ぎ汁を減らすことになるのでエコとしてはよいでしょう。

 

reten005注目の“発芽玄米”とは?

健康食品として注目されている「発芽玄米」ですが、これは玄米を発芽させ1mmくらいの芽を出したものです。発芽時の酵素の働きによって栄養価が増すことがわかっています。玄米より消化がよく甘味もあり、白米よりビタミンB1やミネラルを多く含んでいます。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

  • 代表的な日本のお米の種類と特徴代表的な日本のお米の種類と特徴 食味ランキングでは、コシヒカリが多くランクインしているのは見てとれますが、ひとめぼれも多いですね。食味ランキングに出てくる品種のお米は2012年度の新米でも注目されている品種があ […]
  • 土鍋で炊くお米は主役級!土鍋で炊くお米は主役級! おいしいお米は手に入れたけど、素材を生かすも殺すも調理が大事。お米の調理とは炊き方のことです。お米を炊くのは炊飯器が一般的ですが、炊飯器のほかに土鍋や釜、さらには鍋やシリコンスチ […]
  • お米販売の知っておきたいしくみお米販売の知っておきたいしくみ 【お米の流通の仕方】   普段お米はどのように購入していますか?一昔前はお米屋さんや量販店が大半でしたが、最近では法律が変わり(食糧法)登録業者ではなくても販売でき […]
  • 注目のお米“北海道産”特集注目のお米“北海道産”特集 昔は「おいしくないお米」の代名詞のような扱いだった北海道産のお米ですが、近年、実力をじわじわと上げてきています。販売価格も他の大御所品種に比べて若干お手ごろな値段です。私は数年前 […]
  • お米の身分証 品質表示証明書とはお米の身分証 品質表示証明書とは お米を販売する際に必ず表示しなければならない「品質表示基準」というのがJAS法によって決まっています。下に上げる5項目と品位といわれる質のランク付けです。よく耳にする「1等級・2 […]
  • お米の付加価値と安全性お米の付加価値と安全性 お米の価値を決めるもう一つの要素は“付加価値”というものです。ブランドというのもありますが、すべての銘柄に共通するものとして“安全性”というのがあります。 2.栽培方法の違いと […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ