Subversionサーバーをインストール(Linux編)

 

SubversionのサーバをLinux(CentOS6.2)にインストールする手順です。

Windowsでのインストール、設定手順については、別の記事「Subversionサーバーをインストール(Windows編)」に記載しています。

まず最初に、subversionをyumでインストールしましょう。

yum install subversion

 

yumの利用方法については、「yumによるパッケージ管理方法まとめ」という記事にまとめておきました。

次に、リポジトリ用のフォルダを作成し、そこに、subversion用のリポジトリを生成します。

mkdir /var/myrepo/
svnadmin create /var/myrepo/

 

次に、svnserveサーバの設定を行いましょう。Subversionのサーバとしては、軽量なsvnserveサーバと、ApacheのWebDAVを利用したサーバ公開を利用できますが、まずはsvnserveで設定と動きを確認することにします。ローカルのネットワークでバージョンの管理を行うには十分です。

svnserve用の設定ファイルは、上記の例でいうと、/var/myrepo/confに「svnadmin create」コマンドにより生成されています。/var/myrepo/confに、authz、passwd、svnserve.confのファイルができているはずですので、確認してみましょう。

svnserve.confは、svnserveサーバが利用する、アクセス制限等を管理する設定ファイルですので、このファイルに、以下のように設定をします。

[general]
anon-access = none
auth-access = write
realm = MyRepository
password-db = passwd

最後に、「password-db = passwd」という記述がありますが、これは、パスワード用のファイルは、「passwd」ですよという意味です。

そこで、passwdファイルに以下の記述を追加します。

[users]
koji = kojipass

 

では、svnserveを起動してみましょう。

svnserve -d -r /var/myrepo/

 

で起動できます。-d はデーモンモードでの起動、-rはrootのリポジトリをどこにするかを意味しています。

また、デフォルトのリスナーポートは3690になります。

それでは、接続を確認してみましょう。

svn co --username koji svn://localhost

 

で接続すると、パスワードの入力が求められますので、「passwd」ファイルに記述したパスワードを入力します。

すると、以下のようにリビジョンがチェックアウトされます。

image

起動したsvnserveデーモンを停止する場合には

ps alx | grep svnserve

 

でプロセスIDを確認し、killしましょう。

コラム

Subversionで環境構築・運用を行う際に参考になる本です。中級者用ですので、参考にしてください。私には非常に役立ちましたよ!

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

これは非常にいい本です。trunk,branches,tagsなど、Subversionを使って実際の運用を行う際に理解しておいた方がいい概念を解説しています。なんとなくわかるけど、本当に使いこなしたい人にオススメの体系的・実戦的にまとまった本です。

実用 Subversion 第2版

実用 Subversion 第2版

いわずと知れたオライリーの本ですね。本書もSubversionについて詳しく解説しています。プロジェクトで管理を行う人は、持っていた方がいい本だと思います。

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ