Subversionサーバーをインストール(Windows編)

 

SubversionのサーバをWindowsにインストールする手順です。

まず、このページからインストールモジュールをダウンロードしてきます。今回はバージョン1.7.4の、「Setup-Subversion-1.7.4.msi」にしました。

Windows版のSubversionでは、サーバとして、軽量スタンドアロンサーバであるsvnserveとApacheも利用することができますが、1.6.0以上のバージョンではApahceサーバとしては、Apache2.2以上をサポートしています。

それでは、ローカルのPCに保存したセットアップファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

インストールが終わったら、下記のコマンドをコマンドプロンプトから打ち込んで、正常に終了したかを確認します。

svn --version

 

command
 

このような画面が表示されたら成功です。

 

上記でエラーが出た場合など、必要であれば、環境変数PATHに、SVNの実行ファイルの場所を追加します。(msiファイルによってインストールした場合、デフォルトでは「C:\Program Files\Subversion」)

上記インストーラでインストールした場合は、自動で追加されています。

 

リポジトリの作成

はじめに、どこか、ディレクトリを決め、そこの配下にリポジトリを作成していくことにします。ここをリポジトリのルートディレクトリとしましょう。

今回は、「C:\repo」としました。

リポジトリとは、subversionがバージョン管理を行うための情報を格納しておく場所です。subversionはそのディレクトリに、管理対象のコード等のファイルや、バージョン情報をストックします。

なので、「ここ配下にsubversionのものを置こう」というディレクトリを決めましょう。決めたら、もし、ディレクトリが実際になければディレクトリを作成してください。

その後、以下のコマンドを打ちます。

svnadmin create C:\repo\mysvn_repo

 

「C:\repo」の部分が、決めたルートディレクトリですね。その下のディレクトリ名「mysvn_repo」がリポジトリ名になります。

これにより、「C:\repo\mysvn_repo」配下に、バージョン管理に必要なファイル等が自動で作成されます。

 

svn
 

こんなファイルができていますか?

 

このリポジトリ用管理ファイルは、ファイルベースのDBである、Berkeley DBを利用しており、今のところ、リポジトリをネットワーク共有上に作成することは推奨されていません。ドライブレターにマッピングしたネットワークドライブも、同様に非推奨となっています。

 

svnserve の実行

それでは、svnserveを起動してsvnサーバを立ち上げましょう。Svnserveは、軽量スタンドアロンサーバで、小・中規模構成のプロジェクトでは十分です。

大規模なプロジェクトやインターネット経由でのプロジェクト管理にはApacheを介したサーバ構成が良いでしょう。

起動は以下のコマンドで行います。新しいコマンドプロンプトを開いて、

svnserve --daemon --root C:\repo

 

と打ちましょう。「svnserve –daemon」とだけ入力することもできますが、「–root」スイッチを使うと、そこ配下だけアクセスするようにできます。セキュリティ上もこちらのほうが望ましいでしょう。

パスワードの入力を促されて接続できたら成功です。

 

Windowsサービスとして登録

しかし、毎回起動するのも面倒ですし、コマンドプロンプトを立ち上げっぱなしというのも厄介です。

そのため、svnserveをWindowsサービスとして登録・実行させることにしましょう。

sc create svnserve binpath= "C:\Program Files\Subversion\bin\svnserve.exe --service --root C:repo" displayname= "Subversion" depend= tcpip start= auto

 

成功しましたか?OKであれば上記のように、管理者メニューのサービスに登録されているはずです。

[SC]OpenSCManager FAILED  5:

アクセスが拒否されました。

というエラーが出る場合があります。これは、ユーザアカウント制御(UAC)が有効になっているためなので、コマンドプロンプトを「右クリック」⇒「管理者として実行」で開きましょう。

svn2
 

 

ユーザの作成

それでは、subversionを利用するユーザの作成を行いましょう。

passwd というファイルに、ユーザとそのパスワードを設定します。今回は「koji = kojipass」という行を追加しました。

また、svnserve.conf というファイルの記述を変えます。このファイルは 先ほど起動したsvnserveデーモンの設定を制御しています。

[general]
anon-access = none
auth-access = write
password-db = passwd
realm = Koji Repository

 

では、ユーザが有効になっているか確認してみます。

svn co --username koji svn://localhost/mysvn_repo

 

上記のコマンドをうって、パスワードの入力を促され、ログイン出来たら成功です。このURLは、Eclipseで接続する場合のの設定にも利用するので、覚えておきます。

対象のコンピューターによって拒否されたため、接続できませんでした。

svn3
 

 

というエラーが出る場合は、subversionサーバが起動していない可能性があります。再度確認してみましょう。

 

コラム

Subversionで環境構築・運用を行う際に参考になる本です。中級者用ですので、参考にしてください。私には非常に役立ちましたよ!

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)

これは非常にいい本です。trunk,branches,tagsなど、Subversionを使って実際の運用を行う際に理解しておいた方がいい概念を解説しています。なんとなくわかるけど、本当に使いこなしたい人にオススメの体系的・実戦的にまとまった本です。

 

実用 Subversion 第2版

実用 Subversion 第2版

いわずと知れたオライリーの本ですね。本書もSubversionについて詳しく解説しています。プロジェクトで管理を行う人は、持っていた方がいい本だと思います。

 

こんな記事も関係あるかも。読んでみてね。

5 Responses to “Subversionサーバーをインストール(Windows編)”

  1. […] Windowsでのインストール、設定手順については、別の記事「Subversionサーバーをインストール(Windows編)」に記載しています。 […]

  2. […] 前回の記事(Subversionサーバーをインストール(Windows編))では、svnserveを利用して、主にLAN内のネットワークでのリポジトリ管理を実現しました。 […]

  3. […] subversionサーバのタイプによって、ここに指定するURLは異なります。この記事(Subversionサーバーをインストール(Windows編))で紹介した「svnserve」を利用する場合は、「svn://localhost/repo_sample/」 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ