専門書や参考書は自分の努力の証です 古本でも、その価値を大事にしてくれるところに未来を託そう!

★買うは高し、売るは安し。眠れる山の専門書

書店でもネットでもその購入方法に関わらず、普通の本と比較しても専門書や参考書は高いのが相場。 中には市販されていないものまである始末。 でも自己投資と考えれば安いもの。 うず高く積もった本の山が努力の証です。 そんな苦楽を共にした専門書たちは自分を支えてくれたパートナーだからこそ手放し難い。 でもそこは成長とともに新たなパートナーを得るために糧としたいところ。努力も経験も積めばまた高くなるのです。  

★目覚めの悪い専門書たち

だからこそ自分の専門書が安くで買われるのは、忍び難いものがあります。専門書も現実を目の当たりにしたとき己の価値を疑いたくなります。 一般の買取査定では値ががつかず、まとめて100円、1冊10円は失礼というものでしょ! まるで自分の努力を否定されたかのような脱力感を味わうことにならないために、できることがあります。  

★価値のわかる人はいるものです

でも世の中、すてたものではありません。あなたの努力の証の専門書を大事にしてくれるところがあります。 専門性の高いものや参考書は本来、内容が大きく変わることはありません。 本の専門家だからこそその価値を理解し、あなたの努力のつまった本を確実に必要とする人に届けてくれるのです。 本を介して志が受け継ぐ手助けをしてくれるエキスパートにあなたの大切な専門書を託してみませんか? きっと高価買取でその価値を評価してくれるはずです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ